【オペラ座の怪人・準備編】ワールドダイスターと向き合いたい【アニメ・ユメステ考察】

オペラ座の怪人・準備編です。主に以下の内容を含みます。

アニメ  第九場~第十一場
ユメステ シリウス第1章 18話~22話

※先に「オペラ座の怪人」について知りたい方は、下のリンクから【公演編】をご覧ください。


・それぞれの幻影

主役のファントム役を巡り、シリウス内でオーディションが行われます。

第十場は各メンバーにスポットを当て、いま一度「自分」を見つめて役作りをするパートです。ただ、いわゆる振り返り回とは違い、ここだけ見てもアニメのおさらいは出来ません。むしろオペラ座編に挑む前のジムバッジ確認のようなものと思ってください。

あらためて役作りとは、自分と役を知り、共通点と相違点を見つけて役に近づくことを言います。

 

・流石、ぱんだにとっての幻影

二人はファントム役に一番、二番で立候補するほどやる気でした。しかし練習中、ぱんだは脇役に気持ちが移り、一緒にソレリ役・カルロッタ役をやるのも良いと思い始めています。

流石「苦痛を喜びの仮面で隠し、喜びを無関心の仮面で覆うこともできない者はパリジャン*1とはいえないからね。ま、お遊びさ」

紙屋敷「仮面舞踏会のようなものかしら」
ぱんだ「ああ、この世には知らずにいれば幸せなこともある」
紙屋敷「でも私はあなたをもっと……」
ぱんだ「触るな! いいか、ここで平穏に暮らしたいなら、私の機嫌を損ねないことだ……」

ただし、この二人は間違いなく主役の座を射止めうる強敵です。

このセリフは第八場を見ると印象が変わってきます。二人は自分がどのような存在であるかを見つめ、役と擦り合わせ、高いレベルでそれぞれのファントムを完成させています。

 

・カトリナにとっての幻影

カトリナは伸び悩んでいます。竹取物語では失敗してここなにフォローしてもらい、その後の公演は目立たない役ばかり。

「正直に言うわ。わたしは……ここなが羨ましい。どんどん成長していくここなが、眩しい。負けたくないの!ここなには」

カトリナは強気な仮面で守っていた弱さを口に出すことで「自分」に向き合いました。

演じるのは長く抱え続けた想いを狂気へと転化させるファントム。故郷の劇団から逃げて来たこと、良い役を貰えないこと、帰国を捨てここなの居るシリウスを選んだこと……その当人はおそらく自分に気が無いこと。カトリナは負の感情も、憎悪に反転させた愛情さえも注ぎ込んでファントムを演じます。

 

カトリナは現時点で最強のライバルです。このアニメが示してきた強さの全てを持っています。

①明日の自分を信じること

自分の弱さと向き合い、役に生かし、明日の自分が成功するべく行動を取っています。出会いの頃とは対比的で、ここなとは正式に握手を交わし、「殺し合う敵にもなる*2」は競い合う仲間という形で実現させています。

②一人ではワールドダイスターになれないこと

始めは一人で練習していましたが、第十場ではあの八恵に相手役を頼んでいます。わざわざ八恵を指名した理由は窺い知れませんが、自分の恋敵として、積年の感情をぶつける相手としては適任だったのかも。ここなは八恵ちゃんにべた惚れだから……。そしてカトリナはシリウス随一の演者に実力で上回りました。

③本物の演技をすること

八恵「わたし、あなたをもっと知りたいの

カト「ここに来ることを選んだのは君だ、もう引き返せないぞ」
カト「よく見るんだクリスティーヌ!この醜い顔を、地獄の業火に灼かれた忌わしいこの顔を!」

竹取物語を経て、カトリナは感情の無い「完璧な演技」から、役者同士の感情がぶつかる「本物の演技」を習得しています。

あなたを知りたいとは、第三場のここながカトリナに向けた言葉です。この不用意な発言が火種の一つとなり、カトリナは今日まで燃えるような恋心に身を焦がすはめになりました。

役作りは一心同体といえるほど仕上がり、カトリナはここなをも上回る役者に成長しています。

 

静香にとっての幻影

「誰も私を愛さない、誰も私を理解しない」「私に演奏させろ!」
「いや、ダメだ。私は影、醜い怪物なのだから……」

静香は自身の孤独、怒り、衝動を見つめ、社会から隔絶されたファントムに重ねて演じます。

オーディションが始まる時も、明らかに6人並んでいるところを「この5名で」と疎外されたりしています。また、静香自身が竹取物語で出演したのは間違いだったと話すように、あくまでここなのセンスとして陰に徹するべきという考えのようです。

しかしシリウスの劇を見るにつれ、静香の舞台に立ちたい衝動はもう抑えられないところまで来ています。なりたい姿があるにも関わらず、行動に移せず、ただ願っているだけ……という面では、第一場の夢を見るだけのここなとも似ています。

 

ここなにとっての幻影

「私が台本を読んで感じたファントムは、暗闇の中でひとり膝を抱えてた。寂しくて、助けを求めてた。きっとファントムは誰かに愛されたかったんだよ」

アラビアンナイト編で大量の経験値を得たここなは、第十場の高台にて、静香(=理想としていた自分)も越えるような演技を見せました。

この夕暮れの舞台は、いままでは静香が上に立って演技を見せていた場所です。しかし今回のここなは、静香の提案する演技プランを保留にし、自分なりのファントムを演じてみせました。見つめる「自分」は過去の孤独だった自分、そして夢見がちな一人の少女としての自分です。

これまでは表現する体をここな、役の中身を静香が担当していましたが、今のここなは両方ひとりで出来るようになっています。ただしあと一歩前に出る野心(静香が持っている負の感情)が足りずに尻込みしてしまい、お話は第十一場へと続きます。

「光を、求めてしまうんだ」

静香と一つになった後、ここながオーディションで見せたファントムの演技は、かつて夢に手を伸ばしていた自分の姿とも重なります。

この演技にスゴ味が生まれた訳についても、様々な解釈ができそうです。第一場の自分を見つめて生まれた演技だからとか、光(舞台のスポットライト)が自分に当たることを求める静香が宿っているからとか。もしくは、この手を伸ばす先は第一場「夢見る少女」時点のここなに似てきた静香で、手を伸ばしても届かない悲哀がファントムの感情に共鳴しているからとか。

 

・柊にとっての幻影

柊先生も当事者の一人です。柊先生は第九場で自分のファントムを披露しました。

「ドンファンは、この私が演じるべきだ。さあ地獄に落ちよう」

「ドンファンの勝利」とはファントムが作曲した劇中劇で、クリスティーヌたちオペラ座を脅迫して演じさせます。ですがこの劇、なかなかヒドい内容です。登場人物は全員悪役で、クリスティーヌやカルロッタは娼婦、悪徳貴族のドンファンは娘を騙して連れ込み、クリスティーヌを性的に食い散らかすといった筋書きです。

「ドン・ジョバンニ」という元ネタもあり、こちらは勝利しません。たぶらかした娘の父親の怒りを買い、地獄に落とされる結末です。

原作のファントムは予定された役者と成り代わりドンファンを演じ、クリスティーヌにフードと仮面を取られると逃げ出します。しかし柊先生のファントムは自らフードを脱いで正体を明かしました。

 

この劇を物語になぞらえるなら……「かつて私は八恵に演劇の天使*3を装って近づいたが、実は私は娘を騙してご馳走にしてしまう悪人だった。八恵はすっかり私に心酔していてもう取り返しがつかない。ならばいっそ私に身を委ねろ。欲望と誘惑の受難劇に身をやつしてしまおう。(フードを脱ぎ)どうだ失望しただろう、本当の私は醜い役者の成りそこない、八恵を導くことも、自分が輝くことも出来ない。私はドンファンだ。さあ地獄に落ちよう。」

……という感じなのでしょうか。あくまで一解釈ですが、こんな風に取れるかもしれません。

ちなみに「地獄に落ちよう!」はここながカトリナを相手に真似していて、こっちは本当に地獄に落ちます。カトリナは安泰な実家に帰る選択肢を捨て、想い人が居るシリウスに残る修羅の道を選びました。どうやって責任取るの……。

 

柊先生も「自分」の現状をファントムに映してはいますが、本来の自分そのものは第九場の劇の中には見えにくいです。そんな演技にテレーゼさんは「もっと自分を知れば……」と期待を寄せています。

本来の柊先生がどのようかは「星の王子さま」が関わっていそうです。詳しくは人魚姫編を読んでください。

 

・八恵にとっての幻影

出遅れているのは八恵です。最初こそシリウス随一の実力者でしたが、周りが成長する中で八恵は埋もれてきています。変なところでは「後から来て先を越す達人」の流石に朝顔の丈を追い抜かれそうになっています。


八恵はアラビアンナイト編にて、ダイスターになるための課題を話していました。

(第五場)「わたしがダイスターになるには、新しい新妻八恵を見せなくてはいけないんです」

そのため、八恵は今回も自分に合うクリスティーヌ役ではなく、自分から遠いファントム役を志願します。

役作りパートはまず相違点として、見世物小屋に売られて酷い暮らしをするファントムとそうでない八恵*4の比較から始まります。ここまでは八恵が役を俯瞰するような立ち位置ですが、ファントムを劇場に匿ってくれるソレリが現れると役と同一化するという、なかなかテクニカルな演出が入ります。

置き去りにされたのは「猿のオルゴール」。現実の公演でさえ解釈の難しいアイテムと言われますが、つまりは歌を閉じ込めた箱だと考えると、これを残して去るのは八重が聖歌隊を抜けたことを意味するのかも。

救いに来たソレリは柊先生のシルエットをしています。もしくは猿のオルゴールは、歌という自分の役者としての生命線を捨てても柊先生について行きたい意志の表れかもしれません。

ただしこれではダメです。ファントム役を演じるなら愛すべきはクリスティーヌです。ソレリに恋をしている場合ではありません。

2024/5/25 追記
劇団四季のオペラ座に行って「猿のオルゴール」を観てきました。これはオペラ座の一連の事件を想起させる品で、ファントムが地下の根城で大事に持っていたものです。なので八恵がファントムを演じたいなら、これを無下にすることはやはりそぐわない気がします。

「私の席で何をしている」

柊先生は寸劇を持ちかけます。柊先生との共演を望む八恵にとって、これは願っても無いことのはずでした。しかし自分から割って入った第一場とは違い、八恵はこの寸劇に乗らず、いつものトーンで話し始めます。

「柊さんの演じるファントムなら、クリスティーヌを演じてみたかったです」

八恵が柊先生に向ける想いに変わりはありません。第十場で八恵がソロで歌った「Masquerade」のように自らの身を捧げることに同意し、柊先生と奈落の底まで落ちていくことを胸に秘めて見えます。

この場面、八恵は画像では伝えきれないほど複雑で大人びた表情をします。憂いの正体は分かりませんが、もしかしたら何か、柊先生の興味が徐々にここなに向きつつあることを察しているのかも。


ーーー

 

・またカトリナが勝てなかった……

カトリナは実力ではここなと同等か、それ以上の演技を出来るようになっています。実際、ここながオーディションに来なければ主役はカトリナでした。なのに勝てなかったことにはいくつか理由が考えられます。

1つ目は、単純に目を怪我したから。センスは目を通して輝くので、ここを怪我すると役者としての可能性の発露が半減するといっても過言ではないです。

2つ目は、ここな以外のファントムが柊ファントムの延長線上だったから。作中の台詞から引用しています。皆が孤独や怒りを表現する中、ここなだけが「夢見がちな一人の男」として演じたことが功を奏したと言えます。

3つ目は、自分とは違う演技をするここなに柊先生が夢を見てしまったから。柊先生の体現する物語が星の王子さまだとすると、大人になった柊には夢が欠けています。そして八恵・柊の閉塞した運命をどうにかできる光を探してもいます。確証が無くとも、柊先生はここなが演じた夢を持つファントムに、可能性の光を見出したのかもしれません。

 

・静香はどうして消えたの?

静香が消えた経緯については【基礎編】の方に書いています。

「舞台に立ちたい、良い役が欲しい、誰よりも輝きたい……他の役者を蹴落としてでも。私の方が絶対にいい、演技は完璧だったはず! 私が一番舞台に立ちたい! なのにどうして、誰も私を理解しない!」

静香は自分がここなの負の感情の拠り所だと明かし、穏やかなトーンから段々まくしたてるように言います。

これは本来ここなが持っていた感情です。負の感情がファントム役には必要で、ひいてはワールドダイスターになるために必要で、ここなは静香から感情を返されました。

説明的なセリフとも取れますが、この時点で静香をここなとは独立した個人と見ることもできます。セリフはすべてここなの感情でありながら、最後の「誰も私を理解しない」なんかは静香自身が舞台で叫んでいた言葉です。どこからがここなの感情で、どこまでが静香個人の獲得した感情なのかは曖昧です。

 

・私たちの約束

シャモ「聞いてごらんなさい、あなたが今どうしたいのか」
静香「大事なのは気持ちよ。ここなの気持ち、ここながどうしたいか」

ここなはもう一度自分と向き合い、本当に自分がしたかったこと、静香と交わした「二人でワールドダイスターになって一緒の舞台に立つ」約束を思い出しました。

「静香ちゃんと一緒に舞台に立てたら楽しいんだろうなあ」

「二人で演じられたら一番なのにね」

ここなは大切な約束を忘れてはいましたが、想い自体は変わらず持ち続けています。これまでも時折、記憶の隙間からこぼれ出るように静香への想いを口にしていました。

感情を返されたここなは、既にワールドダイスターにも迫る演技が出来るようになっています。ただし約束を取り戻したのなら、まだ足りないものがあることに気付けます。今度のここなは浅草に静香を探しに行くようなことはしません。静香ともう一度会うため必要なのは、仲間を巻き込んで練習することだと分かっています。

 

・次のストーリー

配役は決まりました。それぞれの思いを胸に「オペラ座の怪人」は幕を上げます。

※当サイトで使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除致します。

*1:パリに生まれ育った男性

*2:第二場、ここなとの同居を嫌がるシーン

*3:クリスティーヌは姿の見えないファントムに音楽を教わり、彼を「音楽の天使」だと信じ込みます

*4:イベントストーリーや人魚姫の生い立ちから円満な家庭を推測しますが、本当は八恵は実家を檻のようなものと思っている可能性も0では無いです